レーザブラスト併用にてトラックの台車を塗装!
Pocket

今年に入ってから、トラックの台車塗装が連続していますが、錆取りのレーザマシンを併用しつつ、キレイに仕上がりました。

 

6tフルトレーラーを白色塗装

まずは、6tのフルトレーラーの塗装です。

 

塗料も剥がれ落ちて、錆部分も多かったトラックの台車をレーザブラストやグラインダー等でキレイにしていきます。

 

 

 

古い塗膜や錆を落とし終わったら、防錆塗料の吹き付け。

 

 

防錆塗料を塗るだけでも見違えますね。

キレイになった感が出ます。

 

 

防錆塗料が乾いたら、白の塗料にて2回吹き付け。

 

 

そして最後にクリアを塗って完了!

 

 

 

アオリ部分は汚れを落としてクリア塗装のみで仕上げています。

 

 

 

 

前も後ろもキレイに化粧直しが終わり、フルトレーラーの塗装は完了です。

 

 

10tトラックの台車を青色塗装

 

次は元々青色だった10tトラックの塗装です。

青の塗装も劣化が目立ち、タンス部分のシルバーもサビサビの状態です。

 

 

凹んだり傷も入っていますが、今回はパテなしの塗装のみということで作業開始!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タンス一面をグラインダーとレーザブラストにて、古い塗膜と錆をしっかり落としてまずはコチラから防錆塗料を塗り、

 

シルバーを吹き付けます。

 

 

クリアで仕上げるとキレイですね。

 

 

 

次にアオリの丁番部分の塗装ですが、コチラは台車と同じ青色に塗ります。

 

しっかりと養生もしておかないといけません。

 

 

 

本体もキレイに青に塗り、

 

 

アオリを取り付けて完了・・・・

 

 

 

 

 

 

といきたいところですが、あおりのシルバー部分やトラック全体の汚れも落としてキレイにして引き渡せるように!

 

 

 

そして、4日間目で引き渡し完了できました。

 

作業前の写真と比べて頂いたら違いは歴然ですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事