【レーザ事業部】 コンクリートやブロックのラッカー塗装が、レーザであっという間に消滅!
Pocket

サビ落としのレーザが、コンクリートやブロックでも大活躍!

コンクリートやブロックに落書き等で塗料が付いた時は、剥離剤等の薬剤で落とすのが一般的ですが、レーザなら薬剤等は一切使うこと無くあっという間に除去できます。

今回は黒と黄色と使いましたが、色によって多少落ちる時間が違うようです。

 

 

次回は他の色も使ってやってみなきゃいけませんね。

 

 

ということで、今日<6月8日(月)>は、7色のラッカーを使ってのレーザ除去。

 

黒・赤・きいろ・緑・灰・青・白 の7色で、2日前にラッカーを吹き付けています。

 

 

レーザ作業を始めて黒の部分を除去したときに、マスクの付け忘れを思い出して一旦中断して、再度作業に取り掛かっています。

 

 

 

半分除去した画像がコチラ。

やはり色によって除去できるスピードが違いますが、どれもキレイに落ちていますね。

 

そして完了です。

ブロックの表面によっては、多少色が変わることもありますが、目的は達成できました。

 

 

次にコンクリートはどうでしょう。

ブロックと同じ順番でラッカーを吹き付けています。

 

やはり、黒はあっという間に除去できますが、黄色と緑が少し時間がかかりますね。

塗料の材料の違いでしょう。

 

上部半分除去できた画像がコチラです。

 

ブロックの表面が荒い分、塗料が孔に入ったりするので、コンクリートの方が若干早く落とせます。

 

 

レーザ完了後の、ブロックとコンクリートの下地は、少しガラス化していようでした。

 

多少下地の色が変わるところもありますが、落書き等の汚れ落としには、薬剤等を使わないのでいいんじゃないでしょうか。

 

次は、ブロックや外壁に付いた、黒カビや苔を試してみたいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事